【あがり症@情報館】 -治療・克服法・対策・原因編

△ トップページへ戻る

あがり症

【あがり症の治療法】
   あがり症克服に薬は有効?

心療内科へ行くと、本格的な心理療法とセットで投薬をすることで、あがり症の改善をしていこうという方法を取るのが一般的です。
あがり症の薬として、もっとも使われているのは、β遮断薬(βブロッカー)と呼ばれるものです。もともと高血圧や狭心症、不整脈や心筋梗塞を予防する薬として広く用いられている、安全性の確認されているものです。

β遮断薬(βブロッカー)は、1960代に心理面に対する効果について研究され、あがり症など社会不安を克服することが証明され、現在では、心拍数の上昇を抑え、動悸や震え、口の渇きや発汗などのあがり症を克服する薬として使用されるようになっています。
このβ遮断薬は、即効性の高さで知られています。不安をもたらす状況になる約1時間前に服用すればいいので、緊張を感じることが事前に分かっているような講演会や演奏会などが始まる前に、あらかじめ服用しておくとあがり症が予防できるという効果が得られます。効果は数時間にわたって持続します。

薬を服用しながらであっても、徐々に不安を感じる状況に慣れていき、やがて薬なしでも対応できるようにすることが治療の目的です。ですから、あがり症を克服するためにβ遮断薬に過度に依存してしまう心配はあまりしなくても大丈夫でしょう。医師の処方や注意を守って服用するようにしてください。 ただ、薬はあがり症を治すと言うよりは、落ち着かせたり、生活環境に対応できるように、補助的に服用するためのものです。あがり症の症状を抑えることはできても、あがり症そのものを治すものではありません。
というより、あがり症は病気ではないので、薬に頼らずとも訓練次第で克服することが可能な症状だということを覚えておいてください。

また、場合によっては陽気にさせる「抗うつ剤」や「精神安定剤」を処方されることもありますが、こちらはかなり注意が必要です。
あらかじめ服用期間を決めておき、その薬の効果が現れているかどうか定期的に医師に診断してもらい、ぼーっとするなどの副作用が薬の効用よりも上回るときは、思いきって服用を中止するようにしましょう。

効果が期待できないのに、長期間にわたって薬物を服用し続けることは、依存を生むなどむしろ逆効果となります。
薬は、あがってしまう状況に慣れ、あがり症を克服するためのきっかけづくりと考えるようにしてください。
また、病院へ行くことに抵抗がある人は、ドラッグストアなどで手に入る市販薬を試してみるのも良いかもしれません。医療機関で処方されるものよりは、穏やかな効果しか得られないかもしれませんが、イザというときの心強い味方となってくれるかもしれません。
これも、持病のある方などは服用できない場合がありますので、薬剤師さんによく相談してから購入してくださいね。

専門家がサポート!あがり症克服法・人気ランキング!

1位  【あがり症克服 西村順式あがり症克服】
2位  【1日たった15分であがり症を克服!ビクビクせずにやりたいことができる方法】
3位  【あがり症克服 新・自己催眠療法によるあがり症克服プログラム】




▲このページの上部へ