【あがり症@情報館】 -治療・克服法・対策・原因編

△ トップページへ戻る

あがり症

【あがり症克服のためのリラックス法】
   香りや色でリラックス

あがり症克服に何よりも大切なのは、必要なときに気持ちを落ち着かせ、リラックスできる方法を身に付けることです。
そこで、試してみてほしいのが、香りや色の力を借りることです。人間の五感に直接訴え、心理や肉体にさまざまな効果を与えることがわかっている香りや色。
それは、西洋ではアロマテラピー(芳香療法)やカラーセラピー(色彩療法)といったジャンルで、きちんと体系づけられているものです

アロマテラピーは、花やハーブから抽出された精油の自然の香りによって、人間の心身のバランスを保とうというもの。とくに、リラックスしたい場面でアロマを取り入れるのは、多くの人が実践している方法です。
あがり症対策に向いていると思われる精油をいくつか挙げておきますので、参考にしてみてくださいね。

ラベンダー:精神のバランスを整える、リラックス効果がある
イランイラン:心を穏やかにし、動悸や混乱を鎮める
オレンジ:不安や緊張をほぐす
ローズ:不安や緊張をやわらげ、心を鎮める
ローマンカモミール:心を穏やかに保つ
クラリセージ:緊張をほぐし平常心に戻す
サンダルウッド:自信を回復し充実感を抱ける
ペパーミント:気持ちを冷静にする

香りによるリラックス効果や香りの好みには個人差があります。店頭で試してみるなど、自分に合った香りかどうか確認してから使うことをオススメします。
アロマオイルをハンカチなどに1〜2滴染み込ませておき、緊張しそうな場面の前にそっと香りを嗅ぐなどすると良いでしょう。
薬の副作用のような注意事項や依存症の心配は必要ありませんが、妊娠中の方には悪影響を与えるアロマオイルもあります。心配な場合は、お店の方に聞いてみてくださいね。

次に、色ですが、私たちは無意識に色の力を認識して、それを利用しています。たとえば、「子供部屋は明るく元気な感じで黄色のカーテン」「今日は暑いから涼しげな青系の服を着よう」など、インテリアや着る服に与えたい印象やそのときの心理状態が反映されているのです。
この原理を活用すれば、「自分をリラックスさせる」「相手に冷静だと思わせる」ための服の色選びができます。

まず、気持ちを落ち着かせてくれる色の代表は、柔らかく淡い色調のベージュやパステルカラーです。これらは、筋肉の緊張を和らげ、精神を安定させてくれます。
次に、青。海や空をイメージさせる青には神経を静める作用があるとされています。冷静に何かをしたり、集中したりする場面に最適です。ただ、あまりたくさんの面積で使うと、気持ちが沈みすぎたりしますから、ポイントに暖色系をもって来るなど工夫をすると良いでしょう。

緑も、癒し効果のある色です。自然を感じさせる緑は、ストレスを解消し、血圧を下げる効果もあるといわれています。興奮をおさめて平常心を保つのに一役買ってくれるはずです。
香りと同じように、色の好みも個人差があります。身に付けてみて、あなたがしっくりきた色を「ラッキーカラー」「勝負カラー」にしてみてはいかがでしょう?

専門家がサポート!あがり症克服法・人気ランキング!

1位  【あがり症克服 西村順式あがり症克服】
2位  【1日たった15分であがり症を克服!ビクビクせずにやりたいことができる方法】
3位  【あがり症克服 新・自己催眠療法によるあがり症克服プログラム】




▲このページの上部へ