【あがり症@情報館】 -治療・克服法・対策・原因編

△ トップページへ戻る

あがり症

【あなたは「あがり症」か?】 あがり症と思い込んでいない?

自分をあがり症と思っている人の中には、実際はそれほどではないのに、「思い込み」によって緊張をひどくし、あがりを招いているケースも多く見られます。
あがり症の克服には、その人の考え方やものの見方を変えていくアプローチが必要と言われているのも、「思い込み」があがり症の原因の大きな部分を占めいているからでしょう。
一度、緊張しすぎて失敗した経験があると、「また今日も、いつものようにあがってしまうのではないか」という予期不安を抱き、必要以上にあがって再び失敗を招くというケースはありがちです。
「自分はあがり症だ」という思い込みを捨て、「自分はあがり症ではない」と言う思い込みを植えつけるように、自分で自分を導いていきましょう。予期不安を大きくさせないことが大事です。

「思い込み」は放置しておくと、徐々に大きくなって、それがあたかも「事実」であるかのような錯覚に成長していきます。
そうなると、
参考までに、あがり症の人の「思い込み」に関する思考パターンを解説しておきましょう。主に、次の3つの傾向があるようです。
まず、自分自身に対する思い込みを強く持っていること。

代表的な例として、発汗や赤面、手の震えといった身体反応や、気の利いたことが言えないとか教養が無いなどの、「自分が欠点と思っているところ」を何も言わなくても他人は気づいているだろうという思い込みです。
人間、誰しも多少の欠点は持っているもので、それを隠したいという気持ちはありますが、あがり症の人は、「隠したくても隠せない、相手にはバレている」と思い込んでしまうのです。
2つめに、他人の評価に対する思い込みを強く持っていること。
先ほど述べた自分の欠点や身体反応が気づかれた結果、他人は自分のことを低く評価したり、嫌悪したりするだろうと思い込んでしまうのです。つまり、「自分はこんな欠点を持っているから他人に馬鹿にされる、嫌われる」と思ってしまうのですね。

3つめとして、他人の反応に対する思い込みを強く持っています。
他人が自分のことを低く評価したことにより、自分にとって不都合な行動をとるのではないか、という思い込みを持ってしまうのです。わかりやすく言えば、「被害妄想」ですね。
たとえば、自分がうまく答えられない質問を、あえてしてくるだろうと疑ったり、自分に恥をかかせるように裏で仕組まれているのではないかと勘繰ったり・・・。

このように、あがり症の人は、「客観的な事実」と「自分の思い込み」を取り違えてしまうことが多いようです。
「あがってしまう状況」において感じたことをメモし、それらを「客観的な事実」か「思い込み」かきちんと検証していくという認知心理学的な手法がありますので、ご自分のあがり症のチェックをしてみるといいかもしれません。

専門家がサポート!あがり症克服法・人気ランキング!

1位  【あがり症克服 西村順式あがり症克服】
2位  【1日たった15分であがり症を克服!ビクビクせずにやりたいことができる方法】
3位  【あがり症克服 新・自己催眠療法によるあがり症克服プログラム】




▲このページの上部へ